納骨堂のご紹介
納骨壇のご紹介
フロアガイド
お申込について
交通アクセス
法林寺トップページ慈恩苑トップページ>お申込について


慈恩苑(納骨堂)のお申込につきましては、下記までお問い合わせください。併せて、ページ下部の管理規約もよくお読みください。

お電話の場合 :092-322-2494
E-mailの場合 info@horinji.com



【第一章 総  則】
第1条 祖廟殿・慈恩苑の納骨壇を永代使用する場合には、本規約に定める処による。
第2条 本納骨所は宗教法人法林寺納骨所“祖廟殿”“慈恩苑”と称し、管理委員会事務所を福岡県前原市前原中央3丁目6番28号 宗教法人法林寺内に置く。
第3条 祖廟殿・慈恩苑は宗教法人法林寺の法人財産とし、その代表役員たる住職が管理者となる。

【第二章 加  入】
第4条 祖廟殿・慈恩苑の納骨壇を永代使用出来るもの(以下『加入者』と云う)は、浄土真宗本願寺派の教義に帰依し、法林寺の門信徒であること、又法林寺門信徒となる者に限る。但し、それ以外の者で設立の趣旨に賛同し、既に祖廟殿に加入している者も使用できることとする。
第5条 祖廟殿・慈恩苑に加入する者は、所定の懇志金を全額納入し、管理者の永代使用台帳に住所、氏名を記載された者を加入者とする。
第6条 加入者は、指定された納骨壇の永代使用権を有する。
第1項 加入者が転居した場合、直ちに転居先を管理者に報告しなければならない。
第2項 納骨壇の永代使用権を継承することになった相続人は、その旨を速やかに管理者に報告しなければならない。

【第三章 使  用】
第7条 加入者が納骨する場合は、管理者又は、管理者が任命した者の立ち会いの下に納骨する事とする。
その際、住職の承諾を得て、埋葬許可証を提出し納骨台帳に記入の上、寺規定の法要を営まなければならない。
第8条
第1項 祖廟殿・慈恩苑に於いては次の事項を禁止する。
1.許可なく納骨壇の変更改造を行うこと。
2.既得の納骨壇を譲渡、又は転売すること。
3.指定場所以外で火気を使用すること。
4.ペット類の持ち込み。
第2項 前項各号のいずれかに抵触し、又は抵触する恐れがあると認められる場合、管理者は当該加入者に対してその改善、又は停止を求め、加入者はこれに従わなければならない。
第3項 前項の行為に依って加入者が損害を蒙っても、管理者はその責を負わない。
第9条
第1項 加入者が次の各号に該当した場合、管理者は管理委員の三分の二以上の同意を得て祖廟殿・慈恩苑を離脱(永代使用権失効)させることができる。
1. 加入者が3カ年以上に亘り、正当な理由なく定められた『年間維持費』を滞納した場合。
2. 第8条1項の各号に抵触し、これに対する改善を求められたにも拘わらず、従わない場合。
3. 他の加入者に対して、著しく迷惑を及ぼし公的秩序を乱し祖廟殿・慈恩苑の管理運営に支障を来すと認められた場合。
4. 改宗、又はその他やむを得ない理由に依り法林寺門信徒を離脱した場合。
第2項 加入者が前項各号の何れかに抵触し、永代使用権を失効した場合、既納の懇志金並びに年間維持費は返還しない。
第3項 加入者が1項各号に抵触し離脱した場合、永代使用権は放棄したものとし、その納骨壇の使用に関する権利一切は異議なく宗教法人法林寺に帰属する。

【第四章 管  理】
第10条
第1項 祖廟殿・慈恩苑の運営は管理委員会によって行う。
第2項 管理委員は若干名とし、管理者が委任する。
第3項 管理委員は、祖廟殿・慈恩苑の円滑なる運営、管理等を任務とする。
第4項 管理委員は、祖廟殿・慈恩苑の決定事項の決議権を有する。
第5項 管理委員の任期は、就任の日から2カ年とする。但し再任を妨げない。
第11条 祖廟殿・慈恩苑の運営に関する決議事項は、管理委員会出席委員の三分の二以上の賛同をもって決議とする。
第12条 加入者は、門徒会費の他、管理委員会が定める年間維持費(祖廟殿3,000円、慈恩苑・一段式8,000円、二段式・五段式5,000円)を負担しなければならない。年間維持費の額は、管理委員会の決議を経て改訂することができる。但し、永代供養壇加入者は除く。
第13条 祖廟殿・慈恩苑の運営にかかる財務は、年間維持費並びに預金利息その他の雑収入をもって運営する。
第14条 祖廟殿・慈恩苑及び納骨壇の清掃・点検・補修・並びに常備品の取り替えなどは、維持費によって行う。但し、個人的行為による破損、又は補修を要するものについては個人の責任負担とする。

【第五章 附  則】
第15条 この規約は、管理委員会の決議を経て改廃することが出来る。
第16条 規約に定めなきものについては、墓地埋葬等及び納骨に関する法律、同施行規則、同取扱手続き等に準ずる。
第17条 この規約は、法林寺境内納骨所(祖廟殿・慈恩苑)の管理規約として慈恩苑完成時(2005年3月1日予定)より施行する。